亜鉛不足以外の原因

亜鉛不足以外の原因

病院で亜鉛を処方され数ヶ月治療を行っても改善しない場合、もしかしたら亜鉛不足以外のことが原因かもしれません。

 

■ ストレスでも影響しやすい
一般的に味覚障害は亜鉛不足のことが多いのですが、ストレスが元となっているとなかなか改善しにくい傾向があります。しかしストレスでも亜鉛の消費量は多くなりやすいため、サプリや食事などで亜鉛の摂取量を多くする方法は続けたほうが良いでしょう。

 

・ 数ヶ月治療しても効果が無い場合
目安としては半年病院で亜鉛療法をしても改善しない場合です。この時はストレスが原因となり味覚に異常が出ているのかもしれません。

 

・ 味覚異常は重症化すると治りにくい
亜鉛が不足する味覚障害の場合では、初期のころに治療することが求められます。症状が出て長期化していると、失った味覚の器官が回復しないことがあります。みらいと呼ばれる器官は壊れれば回復しないため、新しい細胞を作りだす必要があります。

 

・ 亜鉛不足なら早くに効果が現れる
もし味覚障害の原因が亜鉛不足のみなら、短期間でその効果を感じることが多くなっています。みらいは10日前後で代謝しているため、細胞の合成に必要な栄養素を補えば新しい細胞が生まれ変わるからです。